Live in Life...?

Stage 4.5...
<< 証拠 | main | 部屋とダーツと全裸 >>
タナカヒロシと筋トレと
0
    どうも、今野晋二郎です。
    今日は準備期間って事で、本とか買いそろえに街に出ていました。
    帰宅後筋トレ。プロテインを1ヶ月ぶりに解禁。

    前にも書いたけど、今のプロテインてほんとオイシイ。(というか、まずくない?)
    牛乳を買い忘れてたのでやむを得ず水で溶いたのですが、普通にイケました。
    昔のプロテインは水で飲んだらオエッてなったけどなぁ。
    まあ、普通は水でのむもんなんですけどね。俺は牛乳で飲んでました。(ちょいゼイタク)
    でも、せっかくだからうまいプロテインも牛乳で飲みたいので明日買ってきます。

    ついでに何となく街で見つけて、何となく買ってしまったDVDを見る。
    タイトルは「タナカヒロシのすべて」
    主演はあの天才廃人・鳥肌実。
    曰く、日本一不器用な男のちょっとだけいい話。
    鳥肌中将が演じるのはうだつの上がらないカツラ工場勤務の男、タナカヒロシ。
    人とのコミュニケーションをうまく取れない男が、運にまで見放されていくが
    なんだかんだで心温まる話にもなる。
    個人的には好きな作品だった。
    俺が気に入ったのは出ている役者の挙動不審な演技と、それが生む温度差。
    主役は挙動不審の代名詞・鳥肌中将。
    そしてその中将を取り巻く挙動不審な人間。
    妙にウザく、空気の読めない印象を見せる友人役は宮迫。
    後の役者も一癖も二癖もある人間ばかり。
    そうでありながら、深くタナカヒロシに近づく人間の正統派の演技。
    その温度差が、正統派の演技に絶妙の深さを感じさせるような気がした。

    なんだかんだで、俺はこの映画は
    「退屈で、陰惨なようで、応援したくなる男の物語」
    じゃないかなと思う。
    うーん、見ないとわかんないような説明だよなァ。
    まあ、ぶっちゃけ万人向けではないです!


    ひどいオチだ!!
    | 今野さん | レヴュー | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://grazie.sinjiro.com/trackback/351262
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE