Live in Life...?

Stage 4.5...
自演乙!!
0
     とりあえず自演乙すげえ自演乙

    http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52268099.html

    アホなことやる、でも強いってのは理想ですよね。
    やりたいことやって勝ってみせる、これぞ理想と言うべきか。
    佐藤光留と自演乙はそういう意味では大好きですよ(・∀・)

    ファイトスタイルはどっちもイケイケ、というギャップがいいね。
    | 今野さん | プロレス・格闘技 | 21:47 | comments(2) | - |
    時が経つと、また切なくなるね
    0
      あれから幾日かが過ぎ
      忙しかったときは振り返れなかったものを振り返ってみると
      ふいに涙が出そうになって、それを我慢したり、できなかったり。

      スパルタンXを聞くと勇姿が甦ってきます。

      自分がプロレスを意識して、プロレスにはまり始めたのはある日の夜中。
      くりぃむしちゅーの有田のように、プロレス全盛期ではなく
      プロレスと言えばすっかり夜中のコンテンツだった頃。
      小学生の頃、寝付けずに部屋を出て、下の階へ降りると
      (自分の部屋は二階だった)
      誰もいないはずの茶の間から聞こえるテレビの音。
      そこには日本テレビのプロレス中継を見ている母親の姿があって。
      テレビには三沢選手と……誰だったかな。
      それは思い出せないけど誰かのシングルマッチ。
      それを食い入るように見つつ、降りてきた自分に何を見ているのか説明する母。
      そのときから「うあ、あの肘打ち(エルボー、と言う単語は出てこなかった)すっげぇなぁ」なんて
      子供ながらに思って。
      父親はプロレスを見ないので、身近なプロレス仲間ができたと喜ぶ母に
      それから毎週土曜日の新日本と、日曜日の全日本と……と
      うとうととしたときは起こしてもらって、意地でもビデオには撮らずに
      その放送を見る、というのが習慣だった時代があった。

      母は、小橋建太(当時、小橋「健」太)のファンだった。
      三沢選手とのシングルマッチでは、どうしても応援するのは小橋選手だった。
      まあ、もちろん三沢選手も好き、とは母は言っていた。

      高校受験の時は、試験会場に行く電車の中でMDに入れた「スパルタンX」を聞いていった。
      そして合格発表の日は、母の車の中で小橋選手のテーマ「GRAND SWORD」を聞いた。
      大学入試は……まぁ、散々だったんだが
      一校引っかかったときはやっぱりその二曲を聴いて、気を高ぶらせた。

      大学一年の時から。
      最も最初にプロレス仲間になった人がいなくなって。
      それからプロレス放送を意地でも追うことはなくなったような気がする。
      もちろん会場にはたまに見に行くし、
      ビデオに撮っていたりしてなんだかんだで見るのだが
      あの頃のような気持ちではなくなっていたのかもしれないなぁ。

      そして、今。
      母も、日本テレビの地上波プロレス中継も、三沢光晴という選手も。
      自分がプロレスというモノを初めて意識したものは皆届かないところに行ってしまった。



      そして今、スパルタンXを聞いている。
      どんなものも、時が経つと、また切なくなるね。



      でも、全ては自分の中に生きている物なのだと思うから。
      またスパルタンXを聞いて、心の中で三沢コールをしよう。
      | 今野さん | プロレス・格闘技 | 00:52 | comments(1) | - |
      自演乙☆はいい選手だった!!
      0
        いやもうタイトルの通りですよ。
        K−1MAX見てたんですが長島☆自演乙☆雄一郎
        とてもイイ選手でしたわー。
        惜しくも負けた準決勝も縦拳は対応し切れないほどの正確性……
        そしてあの攻める姿勢はみてて気持ちのいいものでしたわぁ。
        ああいう目立ちたがりで自己主張の強い選手は必ず奇異・忌避の目にさらされるもの。
        それでもスカッとした試合を見せてくれるのはまさに最高ですな(・∀・)
        つぎの試合も自演乙見たいですねぇ。


        さて、日付かわって今日は野球もオーストラリア戦。
        先発はダルビッシュ。つまり落としちゃなんない大一番!!
        日本の「野球」の強さをたたっこんでいただきたいもんです!!!
        | 今野さん | プロレス・格闘技 | 01:42 | comments(0) | - |
        日加路上王
        0




          きが くるっとる
          | 今野さん | プロレス・格闘技 | 18:22 | comments(0) | - |
          天馬は今どこを飛んでいる
          0
            今日でもう1年なのか、とふと思い出すのですよ。
            (北米系としては)決して大きくない体。
            闘争心の表れのような折れた前歯。
            何度踏みつけられても起き上がってくる魂。
            そんなレスラーが1年前の今日まで、こっちのリングに立っていた。

            今は向こうのリングでタッグを組んでいるのだろうか?
            ラティーノヒートの盟友と。


            ……今日は久しぶりに、Hardnocksでも引っ張り出して見てみようか。
            | 今野さん | プロレス・格闘技 | 16:47 | comments(0) | - |
            常軌を逸した世界
            0
              El dorado
              バラモン兄弟(バラモンケイ・バラモンシュウ)プロデュース大会
              http://news.livedoor.com/article/detail/3372274/

              タイトルも


              『大バラモン展
              世界ビックリ
              うじ虫人間
              コンテスト』


              すごく………気が触れてます…………


              でも超見たい
              | 今野さん | プロレス・格闘技 | 19:17 | comments(0) | - |
              P.I.P Chris Benoit
              0
                WWEのクリス・ベノワが亡くなった……
                訃報を昼休みで携帯で見てから今でもまだ頭が働かない……

                WWEという舞台では小柄な体で、
                日本でのワイルド・ペガサス、ペガサス・キッドとしての活躍と
                夢見た頂上へ向けてのトレーニングの末に
                2004年のレッスルマニアでWWEの頂点に登り詰めた男が亡くなった……

                信じられないし信じたくない。
                でも相次ぐ情報でそれが真実だと確信してしまう。

                今日という日がなかったらとすら思う

                事実上の1番手として出場し
                29人のスーパースターを蹴散らして王座挑戦を手にした
                ロイヤルランブルの勇姿が、

                紙吹雪の中でベルトを掲げる
                2004年のレッスルマニアの光景が頭をよぎってしょうがない。

                まだチャンピオンになる姿を見たかった。
                ECWブランドに移籍してECW王者に輝くのを見たかった。
                「好きだ」といっていた日本のリングでベノワが戦う姿を
                一度でいいから生で見たかった……

                The Crippler.
                The rabid wolverine.
                The WWE World Heavyweight Champ.
                The best wrestler.

                Chris Benoit Forever.
                Rest In Peace.
                | 今野さん | プロレス・格闘技 | 19:38 | comments(0) | - |
                そうやって登ってきた人なんじゃない。
                0
                  どうも、今野です。
                  うーむ、怒りますよか格闘技かで迷ったんですけど
                  こっちのカテゴリで書くことにしました。

                  涙の浜口 父ゲキに気合の筋トレ
                  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20061213-00000002-spnavi_ot-spo.html


                  ちょいと前の話だけど
                  アジア大会のレスリングで浜口京子選手が惜しくも銀メダル。
                  そして悔しくて悔しくて、こうして行動に出たんだと思う。
                  誰がそれを笑えようか蔑めようか。
                  比較して例に出すのは嫌だけど、何かのプッシュを受けてこうしてるのではない。
                  何年も前から親子二人三脚、もしくは
                  もっと周りの人たちと支え合って戦ってきた人だと思う。
                  それを第三者が切り捨てられようか。

                  なにも知らないだろうロイター社はこう伝えた。
                  http://www.excite.co.jp/News/odd/00081165921062.html

                  ああ、そうかいとしか言えないわ。
                  てめえらの目にはそう映るのかいと。
                  まあ、そういう事情なんて何も知らないのだろうが。
                  わざわざそんな物をクローズアップするマスコミもマスコミ。
                  断片だけを見て叩く人間も叩く人間。
                  そうやって今まで登ってきた人間を叩けようか。

                  とりあえず、そう言う人たちに一言だけ。



                  直江兼続
                  | 今野さん | プロレス・格闘技 | 21:35 | comments(0) | - |
                  蛍光灯と血と技と、その先に何がある
                  0
                    どうも、今野です。
                    突然ですが久しぶりに泣きました(´;ω;`)

                    友達からこないだ横浜文体でやってた大日本プロレスの
                    王座決定戦、“黒天使”沼澤邪鬼vs佐々木貴のビデオ見せてもらったんだが
                    これはヤバいわ………
                    端から見れば大男が蛍光灯でシバきあう映像に映るでしょう。
                    実際、決着は佐々木貴が右足with蛍光灯で沼澤を沈めたんですよ。

                    右足

                    勝負事だから、勝った者と負けた者がいるんです。
                    勝ったのは貴、負けたのは神様・沼澤邪鬼。

                    激闘終結

                    ベルトを掲げる権利は貴にある。
                    でもこの試合は貴がベルトを掲げたことより
                    俺はこの二人が試合後に大日本プロレスについて語り合って
                    この激闘を経て熱い心を見せ合ったことにやられてしまった。
                    戦いの末に血まみれになって
                    貴が
                    「ヌマ、お前と出会えて良かった」
                    と称えれば
                    沼澤も
                    「俺とお前はこれからも組まねえ、ずっと戦っていくぞ
                     放さねえ逃がさねえからな」

                    と背中を追いかけてベルトを狙う宣言を上げる

                    その先に

                    こんな世界はこの二人じゃないと作れないよ(´;ω;`)
                    それこそ少年マンガそのままステレオタイプのような佐々木貴と
                    見た目に反して、そしてファンのために燃える“黒天使”沼澤邪鬼。
                    この二人のライバルストーリーを見れて嬉しいよ(´;ω;`)

                    ファンとしてはいつか沼澤様がベルトを巻くところが見たい。
                    でもそれ以前にこのライバルストーリーをまた見たい。
                    プロレスにもまだ夢がある。
                    夢があるからファンがいる。
                    だからプロレスはやめられない。

                    貴、沼様ありがとう!!!!(´;ω;`)
                    | 今野さん | プロレス・格闘技 | 21:20 | comments(0) | - |
                    美濃輪ワールド
                    0
                      どうも、今野“ウルトラヘヴン”晋二郎です。

                      リアル大学生を前に美濃輪ワールド爆発
                      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061116-00000035-spnavi-spo


                      美濃輪さんが物故割れなさった…………
                      というよりもこれが美濃輪育久というリアル・プロレスラーなんだと思う。
                      いやあいいなあこういうブッ飛んだ世界観を地上に引きずり込める人間。
                      俺は大好きですこういう姿勢。
                      試合中の咆哮も格好いいぞ!ただ戦うんじゃない!
                      魅せて戦うからプロレスラーなんだよ( ^ω^)

                      マジでこの講演聞きたかった……
                      そして俺もウルトラヘブンに到達するお!!( ^ω^)
                      | 今野さん | プロレス・格闘技 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE